白落ちした未塗装樹脂をツヤツヤに復活!ワコーズのスーパーハードの威力

もう13年ほど乗り続けているVTR250を最近隅々までリフレッシュしました。

その時に外観で気になっていたのが、スプロケカバーとチェーンカバーの白落ちです。

白落ちと言うのは、黒くて艶のあった無塗装樹脂が、劣化により白く変色してしまうことです。

 

このような感じで濁ってしまっています。

どちらも洗車だけのメンテナンスだったので、見事に劣化しています。

今まではそれほど劣化を気にしてませんでしたが、気づいてみると気になってしょうがないですね。

 

特にスプロケカバーの方がかなり真っ白です。

チェーンカバーの方も画像ではまあまあ黒っぽく見えますが実物はなかなかの劣化具合でした。

それにまだらの模様が入ってしまっています。

 

なんとかきれいな状態を取り戻せないか調べてみました。

 

結論から・・・

見事に再生!

少しでも新品に近づけたらいいなーと考えていましたが、ほぼ新品のような状態に戻って感激でした。

 

いかにもワックスを塗りたくったようなテカテカした仕上がりではなく、元の未塗装樹脂そのものが戻ったという感じの素晴らしい仕上がりです。

 



 

救世主はワコーズのスーパーハード

いろいろな口コミを調べて値段と信頼感が一番高かったのがワコーズのスーパーハードでした。

何度もワコーズ製品には助けられているのでこれなら間違いなさそうだと早速買ってみました。

安い買い物ではないので下手なものを買って買い直しは避けたかったので信頼できるワコーズ製品はありがたかったです。

 

 

白落ちの原因

白落ちの原因となるのは、紫外線と泥などの汚れによるものという説が有力なようです。

 

施工してみた

施工方法はとても簡単。

付属のスポンジにスーパーハードを染み込ませて塗るだけです。

ただし塗る前にしっかり洗い流して脱脂もしましょう。

この時、洗車剤はワックスやシリコンなどが入っていないものを使用します。

また、塗った後24時間水濡れ厳禁です。

その後一週間ほど完全乾燥させます。

一週間経つまでは洗車で擦るようなこともしないでください。

手順をまとめると

  • 中性洗剤やカーシャンプーで汚れをしっかり洗い流す。
  • 完全に乾かす。
  • 脱脂する
  • 付属のスポンジにスーパーハードを染み込ませてすみずみまで塗る。
  • 5分経過したらきれいなタオルで拭き伸ばす
  • 一週間ほど完全乾燥

 

ポイントはきれいなタオルできっちり拭き伸ばすことです。

しっかり伸ばすことでムラを防げます。

 

 

これだけで新品交換するまでもなく復活させることができました。

比較的簡単なのに満足感がとても高いのでおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA