免許不要で手軽に乗れる原付(50cc)しかしこれは甘い罠!警察の点数稼ぎのカモでしかない現実

原付は原付一種(50cc)と原付二種(51cc〜125cc)の2つがあります。

今回は原付一種のおかしな制限についてです。

 

車の免許を持っていれば誰でもオマケで乗れる原付の50cc。

車の免許がなくてもペーパーテストを一日受けるだけで取得することもできます。

原付そのものも比較的安く、手軽に乗れるのが一番の魅力です。

 

しかし原付(50cc)ははっきり言って警察のカモです・・・。

普通に走るだけであまりにも簡単に違反になってしまう制限が二つもあります。

  • 速度制限が時速30km
  • 二段階右折

免許を持っている方なら常識ですね。

 

法定速度60kmの道でも30km/hで走らなければなりません。

隣で時速60kmでビュンビュン車が走っている中30kmで走るなんてどう考えても危険です。

法律を守って走ると逆に危ないというおかしな状態になっています。

 

時速30kmしか出せないので、3車線道路などで右折レーンまで車線変更すると時速60kmで走ってくる車との事故が増えてしまったせいで、二段階右折が原付一種に義務付けられることになりました。

 

そう、時速30km制限があるせいで二段階右折もしなくてはならなくなっているのです・・・!

 

当たり前のように決まっているこの2つのルール、はっきり言って時代遅れ!

 

昔の文字通り原動機付き自転車という名の通り「自転車にエンジン乗せてみました。」というものなど速度も30km/h程度しか出ないスペックなら話がわかります。

カブF ホンダ公式サイトより

 

現代の原付は大きく進化していて60km/hで巡航することも余裕でできる性能を持っています。

 

法律だけが変わっていないのです。

この2つ以外にも通行禁止が道があったりと制限がまだまだあります。

 

ここまで酷い扱いが変わらずに続いていると、警察の点数稼ぎのために残されているのでは?と邪推してしまうのも自然な流れではないでしょうか。

原付一種に乗ることとてもストレスが溜まってしまうし法律に従っているのに危険なのではおすすめはできません。

とても良い原付がたくさんあるだけにツライです・・・。

 

乗るならば原付二種!

原付一種に比べて原付二種はとてもおすすめです。

時速30km制限も二段階右折もありません!

純粋に原付一種よりパワーがある点もポイントです。

 

唯一の欠点(?)はペーパーテストだけで取れる原付免許では乗れない店です。

最低でも小型限定普通二輪免許を取得する必要があります。

小型限定普通二輪免許では、125cc以下のバイクに乗れるようになるので、原付一種、二種どちらも乗れるようになります。

これは教習所に行く必要があるので、費用もそれなりにかかります。

どうせならば、400cc以下まで乗れる普通二輪免許の取得がおすすめです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA