ライダー必見!安価で簡単加入、市町村交通災害共済とは?

バイクの保険、もちろん皆さん入られてますよね?

自賠責と任意保険の重要さは重々承知のことと思います。

市町村交通災害共済はそれらとはまた別の保険です。

どちらかというと傷害保険に近いですね。

ですが、今回は細かい分類を覚える必要はありません。

自賠責、任意保険とはで、ライダーなら入っておくといいかもしれない制度があるという点だけ覚えていてもらえればバッチリです。

なぜかもしれないなのか?後ほどお答えします。

市町村交通災害共済とは?

市町村交通災害共済とは、加入者が少しずつ会費を出し、交通事故によって死亡したり、けがをしたときに見舞金が支払われる相互扶助制度です。

名前の通り、市町村が運営している制度です。

ライダー必見というタイトルですが、この保険は交通事故に関するけがであれば車でも自転車でも(自分が)徒歩でも保障されます。

実のところ、本来の保険としての役目は自賠責保険に取って代わっており、現在では廃止している自治体もあります。

特に東京23区は全てで廃止されています。

今住んでいる市町村でしか加入できないので、自治体で実施しているかどうかホームページをぜひチェックしてみてください。

なぜライダーにオススメ?

冒頭の「なぜかもしれないなのか?」にお答えします。

それは他の交通手段と比べて、交通事故にあう確率が大きいことや、事故にあった場合のケガが大きい場合が多いからです

4輪より不安定な乗り物で、車のように守ってくれるボディがないのでこれは仕方のないことです。

かといって、任意保険のように絶対入ったほうがいい!という程ではありません。

少しばかり上乗せされて補償が受けられるという程度の保険です。

しかしながら、保険だけでも厚くして交通事故の精神的なショックを和らげて欲しいという思いからオススメしています。

会費は?

年間500円です。(令和元年現在)

4月1日〜翌年3月31日の一年間有効です。

4月1日になってまた継続する場合は忘れずに申し込みに行きましょう。

共済見舞金について

あくまでも私の近隣自治体を調べた情報なので、市町村により違いがあると思います。

あくまでも一例です。

死亡した場合とケガの場合の二つあります。

死亡・・・共済見舞金120万円

ケガ(事故証明書が得られる場合)

入院 1日につき・・・2000円 2〜22万円まで補償
通院 1日につき・・・1000円 2〜6万円まで補償

※ 事故証明書が得られない場合は入院・通院ともに1日につき1000円となります。

交通事故は必ず警察を呼びましょう

そうしないと事故証明書がもらえません

この保険に限らず、任意保険でも事故証明書が必要になります。

見舞金が2万円以下の場合は、2万円がもらえます。

なので、少ない日数の通院でも2万円出していただけるのはありがたいですね。

※ 自治体によって数日以上通院することが条件の場合があります。

どこで申し込むの?

お住いの市役所や町役場で申し込めます。

まとめ

昨今は自賠責保険や任意保険がしっかりしているので、無理して入る必要はありません。

しかし交通事故は痛いわバイクは傷だらけだわ相手や保険会社とのやり取りで疲労困憊やらで嫌なことだらけです・・・。

交通事故にあってしまったショックを和らげる一助になればと思い記事にしました。

掛け金がお手頃で、交通事故に関していれば結構幅広く補償されるので、自爆でも補償される点がありがたいですね。

ちなみに、交通災害共済は任意保険などの補償金などとは別でもらえます。

補償が被ってしまったらどちらか一方しかもらえない、とかそういったものではないのでご安心を。

もちろん、バイクを楽しむためには無事故が大前提です!

今後も安全運転でバイクライフを楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA