ワンルームで大活躍ロフトベッドを10年使って気づいたメリットとデメリット

こんにちは、くろまるです。

ロフトベッドってご存知ですか?

二段ベッドの二段目だけのベッドです。

ワンルームなどのスペースを効率的に使いたい方にとてもおすすめです。

ただデメリットもあります。

もう10年異常ロフトベッドを使って気づいたことを記事にします。

ロフトベッドのメリット

  • スペースを有効活用できる
  • 通気性がいいので布団を清潔に保ちやすい
  • ベッド下にいろいろ吊すことができる
  • 地震の時避難スペースになる

スペースを有効活用できる

何と言ってもロフトベッドの最大のメリットは、ベッド下のスペースを有効活用できることです。

普通のベッドだと丸々スペースを取られてしまうので、一畳ほどのスペースがベッドで埋まってしまいます。

そこにちょっとした机でも置いたらもういっぱいいっぱいになってしまいますね。

通気性がいいので布団を清潔に保ちやすい

ベッド下が丸々空間なので通気性バツグンです。

干せないタイプのマットレスを使っているのでとても安心でした。

実際、今現在もカビたりしていません。

ベッド下にいろいろ吊すことができる

これが地味に便利です。

自分の場合、ベッド下に机を置いているので小物置を吊り下げたり配線を引っ掛けたりとても便利に使っています。

地震の時避難スペースになる

いざという時守ってくれるかもしれまん。

地震の時はそのまま避難スペースになります。

ロフトベッドの下に机を置いて生活すると、机の下に潜ればロフトベッドと机の二重で身の安全を守ってくれます。

ロフトベッドのデメリット

  • 冬は寒い
  • 少し揺れる
  • 天井に近いため圧迫感がある
  • 上階に人が住んでいると足音など騒音に近付いてしまう

挙げてみるとデメリットが意外と多いですね・・・。

一つずつ見てみましょう。

冬は寒い

床がなく、下側に熱が逃げやすいので冬はそのままだと寒くなりやすいです。

ただ、対策はできます。しっかりしたマットレスを用意したり、アルミシートを敷くことで十分対策できます。

ちなみに夏は、下側の通気性がいいので蒸れにくいですが、熱は上空に溜まるのでトントンですね。

昨今の暑さだと暑い方が勝ってしまっています・・・。

少し揺れる

高いところにあるのでどうしても少し揺れます。

揺れると言っても多少のことです。

自分は全然気になりません(笑)

神経質な人は苦手かもしれません。

天井に近いため圧迫感がある

これも自分は全く気になりません。

むしろ狭いところ大好きなタイプです(笑)

ですが人によっては苦手な人もいると思いますので入れました。

上階に人が住んでいると足音など騒音に近付いてしまう

これは厄介かもしれません。

賃貸のトラブル上位に騒音問題があります。

わざわざ音の問題に近づくのはリスクが大きいかもしれません。

気にしない自信がある人や耳栓などで対応できるならありですね。

引越し前にロフトベッドを検討しているなら、最上階を選ぶことをおすすめします。

まとめ

並べてみると意外とデメリットが多かったなーという感想です。

とはいえ、半分ぐらいは神経質でなければ全然問題ない内容です。

万が一、ロフトベッドが合わなくても物置スペースとして活用するのも手ですね。

少し狭い部屋でもベッド一つ分丸々余裕ができるのはとても貴重です!

賃貸選びの幅が広がるかもしれないので、選択肢の一つとして入れておくといいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA