やっぱりワイモバイル不便!細かい罠があちこちにある感覚になってしまった件

こんばんは、くろまるです。

先日、ワイモバイルにしてUQ mobileとの違いを列挙してみましたが、細かいところで不便なのはワイモバイルの方だなぁと感じたのでその点をご紹介。

初期登録で詰む!

ワイモバイルでは乗り換え後に初期登録が必要になります。

これをすることで、乗り換え時のポイントなどが付与されます。

今回、エンジョイパックというオプションをSIM契約時につけて申し込みをしました。

このエンジョイパックというのは、月に500MBが無料で追加できたり色々な特典が受けられるというものです。

ところが、今回自分のYahooで使っているメインアカウントでは既にプレミアム会員のため登録できないのことで初期登録が中断しました。

まぁそれは仕方ないですね。

なのでエンジョイパックを解除して登録に進もうとすると・・・「ページが開ません

ぇー・・・

そこで進まないってどうなってんですかワイモバイルさん。

しかも電話によるカスタマーサポートがないのでチャットによる対応で質問をしようとしてもなぜかオペレーターに繋がらず無駄な時間を過ごしました。

UQ mobileは電話もそれほど待たされる丁寧に対応してくれていただけに、もうがっかりですね。

早くもUQ mobileに戻りたくなりました・・・。

データの使用状況がリアルタイムで見れない

これも非常に不便です。

UQ mobileではアプリでリアルタイムに使用状況を正確に把握できていました。

0.01MB単位でしっかりとです。

ワイモバイルでは最新の時刻のデータですと言わんばかりに更新時間をデータ量の近くに表示していますが、完全にラグがあります。

数分重そうなものを誓ってみて、「これでどれくらいの通信量だったのかなー」と目安にするために確認すると、「お!全然減ってない。そんなに重くないんだなー」とその感覚で使ってしまい、急に通信速度が悪化!

まさかと思って確認すると、通信制限されている・・・!

ワイモバイルを使っていると初見殺しの細かい罠がいくつも仕掛けられている感覚に陥ります・・・。

まとめ

もう使い勝手に対しては最悪の印象になってしまいました。

新規割が契約から半年でなくなるので、半年経ったらすぐにUQ mobileに戻ろうと思います(笑

とはいえ、通信の品質だけは間違いなく高いです。

そこはさすが準キャリアブランド。

もっともUQも準キャリアブランドなので2つだけと比べると同じなんですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA