バイクの洗車はどこまで水をかけていい?初めてだと不安なバイク洗車

こんばんは、くろまるです。

バイクの洗車ってどこまで水をかけていいのか不安になりますよね。

車と違ってあらゆる機関が剥き出し状態。

本当に水ぶっかけて洗車していいのか!?

結論から・・・

基本的に水をぶっかけて洗車してOK!

ただし、きっちり水気を拭き取ること

バイクは雨でも走れるように出来ている

実はバイクって雨でも走れるんです。

当然ですね(笑)

ブレーキやチェーンも一見水をかけてはまずそうですが、思いっきり雨や道たまりでずぶ濡れになる場所ですね。

しっかりと防水対策されています。

エンジンが一番不安になりますが、基本的に問題ありません。

古いバイクだと配線の防水対策についているゴムが劣化していて中に入ってしまい、水気が取れずサビなどのトラブルの可能性はあります。

きっちりと水気を取る

あくまでも水気をしっかりと拭き取れることが条件になりますね。

水の拭き取りが甘いとサビになってしまいます。

できればコンプレッサーを使って水分を吹き飛ばしたいところです。

油分の必要なところは注油する

チェーンも水洗いOKですが、油分は落ちてしまいます。

そのままでは油不足で寿命が縮まってしまうので、注油を忘れないようにしましょう。

水洗いが不安なら水なし洗車という手も

水なしで洗車できるグッズがたくさん出ています。

コンプレッサーがなくて水気を十分に拭き取れるか不安な方や、そもそも水洗いできるスペースがないという方におすすめです。

まとめ

基本的には水洗いで大丈夫です。

ただ、自分自身コンプレッサーなしの水洗車で拭き取り漏れがありちょっと抵抗があります。

コンプレッサーがあってもカウル付きのバイクは拭き取り切れるか不安なので、個人的には水なし洗車の方が好みです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

CAPTCHA